contraceptive consultation避妊相談

ピルの処方

低用量ピル、子宮内避妊システム、緊急避妊薬(緊急避妊ピル)などを取り扱っております。
低用量ピルは避妊以外にも月経困難症、過多月経、子宮内膜症、月経不順などにも効果がありますのでご相談ください。

 

低用量ピル

利用用途 避妊、生理不順の改善
リスク・副作用 嘔気・嘔吐、不正出血、頭痛、静脈血栓症など
厚生労働省の認可 承認(以下すべて厚労省認可済みの国内販売品のみ)
薬品名 費用(1シート)
マーベロン28 2,700円
ファボワール28(マーベロン ジェネリック) 2,100円
トリキュラー28 2,700円
ラベルフィーユ28(トリキュラー ジェネリック) 2,100円

※全て税込表記です。
※低用量ピルは初診時に別途、ピル初診料(2,930円)がかかります。

緊急避妊薬

利用用途 性交後72時間以内の緊急避妊
リスク・副作用 嘔気、不正出血など ※避妊効果は100%ではありません。
薬品名 費用(1シート) 厚生労働省の認可
ノルレボ 13,000円 承認(2015年12月)
レボノルゲストレル 8,000円 承認(2019年2月)

※全て税込表記です。

子宮内黄体ホルモン放出システム(IUS,ミレーナ)

利用用途 避妊(約5年間効果が持続します)
リスク・副作用 月経時の出血期間の延長、不正出血、自然脱出、子宮穿孔等
費用 60,000円
(子宮頸管拡張が必要な時は別途料金(1000円)がかかることがあります。
装着は月経開始後7日以内です。電話予約が必要です。)
厚生労働省の認可 承認(2007年1月)

※全て税込表記です。

page top